小論文

【小論文の書き方】を現役国語教師が例文付きで徹底解説!

新堂ハイク

こんにちは!
高校教師の新堂ハイクです!

このページで分かること

・小論文とは?
・採点基準は?
・小論文の書き方
 →構成の仕方
 →構成メモの書き方
 →序論・本論・結論の書き方
・入試での出題形式
・頻出のテーマ
・効率的な勉強法
・おすすめの参考書
・おすすめの添削サービス

さくら

小論文の書き方が、全然わかりません…。

新堂ハイク

現役国語教師の僕が、小論文の書き方のすべてを解説します!

このページでは、高校・大学入試における小論文対策に必要なことを全て網羅しておりますので、勉強を始める前にぜひ一読してほしいです。

すべて無料で読めますので、ぜひ最後までご覧ください!

目次

小論文とは?

はじめにそもそも「小論文とは何か」というところから解説したいと思います。

「もうそんなことはわかっているよ!」という方は読み飛ばしてもらって大丈夫です。

小論文とはこのような文章のことを言います。

自分の意見や主張を、筋道を立てて論理的に説明し読み手を説得する文章

これだけでは具体的にどんな文章かは分からないと思うので、作文との違いに触れながら説明します。

小論文と作文の違い

作文や感想文は個人の経験や心境をもとに、豊かな表現を使って読み手に「伝える」ための文章です。

小論文は自分の意見を論理的に説明し、読み手を納得させ「説得する」ための文章です。

僕は最近寝る直前までスマホを見ている。すると朝起きるのが遅くなり、遅刻が増えてしまった。スマホが原因だと思うから、寝る前にスマホを見るのは良くない。

スマホの光に含まれるブルーライトの刺激を受けると脳は「メラトニン」という睡眠を司るホルモンの分泌を抑制するので、睡眠の質が下がる。だから寝る前にスマホを見るのは良くない。

上の文章が作文で、下が小論文です。

どちらがより「説得力のある」文章かは明白だと思います。

小論文には意見が必要

小論文には読み手を納得させ、説得するための「意見」が必要です。

この「意見」と「感想」を間違えてしまう人が多いので、間違えないように解説します。

意見と感想はどちらも「自分の考え」という点では同じです。

ただ、感想は「個人の主観をただ述べる」だけであり、そこに目的は存在しません。

意見には「個人の主張を述べて、提案をする」という目的があります。

授業中に寝るのは良くないと思った。

自分の学力を下げる原因になるので、授業中に寝るのはやめよう。

上が感想で、下が意見です。

意見は「どうするべきか」という提案を相手に投げかけるものです。

小論文とはこのように自分の意見を使い、相手を説得する文章なのです。

「小論文とは?」をもっと詳しく解説!

採点基準は?

小論文の採点基準に一律のものは存在しません。

しかし、合格する小論文には共通する3つのポイントがあります。

このポイントをおさえておけば、どんな志望校の採点基準でも大きく減点されることはなくなります。

そのポイントとは以下の通りです。

①問題文を正しく読み解いているか
②自分独自の意見か
③正しい文章構成・表現か

上記のポイントをしっかりとおさえた小論文は高い評価を得ることができます。

新堂ハイク

採点基準を知れば、合格する小論文が書けますね!

小論文の採点基準・合格基準をもっと詳しく解説!

小論文の基本的なルール

実際に書く前に、基本的な書き方のルールを説明します。

小論文にも使ってはいけない言葉や、守らなければならない原稿用紙のルールなどがあります。

これらを正しく理解できないと減点対象になるので、必ず確認してください。

形式で気を付けること

内容の前に、原稿用紙の使い方などの形式面で気をつけなければならないことはこちらです。

・文体を統一する
・一人称は男女とも「私」
・一文は短く
・原稿用紙の使い方

文体とは文末のことです。
「~です」「~ます」ではなく「~だ」「~である」という語尾で統一しなければ減点です。

小論文の文末をさらに詳しく解説!

一人称は男女ともに「私」で統一です。

一文は簡潔に短くしましょう。
4行以上(80文字以上)の文があると読みにくく、違和感のある文になってしまう可能性があるので、文の長さは長くても3行(60文字)以内に収めるように意識しましょう。

原稿用紙の使い方が間違っていても減点対象になります。

表現で気を付けること

まず気をつけたいのが、読み手の感性に訴えかけるような詩的な表現はしてはいけないということです。

・自分の想い
 →自分の感情、心境、心情
・小説のような表現技法
 →比喩表現や擬人法、擬音語・擬態語・擬声語

これらの表現は論理的な文章では使わないので、避けましょう。

他にも意外と文章の中で使ってしまっているのが「話し言葉」や「略語」です。

小論文では正しい文章表現をしないと減点対象になってしまうので、これらの言葉は使わないようにしましょう。

また、カタカナ言葉もできるだけ日本語に置き換えるようにしてください。

小論文でNGな表現を教えます!

小論文の正しい接続詞の使い方を徹底解説!



小論文の書き方

では、具体的の書き方の解説をしていきます。

・小論文の構成
・構成メモの書き方
・序論の書き方
・本論の書き方
・結論の書き方
・時間配分と書き方の手順

以上が基本的な説明の内容です。

では、上から順番に解説していきます。

小論文の構成

「構成」とは「どこに何を書くか」のことです。

初心者にありがちな失敗として、「いきなり原稿用紙に書き始める」ことがあげられます。

これは「設計図もなしに家を建て始める」のと同じくらい、危険なやり方です。

小論文を書く前には必ず「構成」を決めなければなりません

「序論」「本論」「結論」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは小論文の代表的な構成の例です。
この構成に従って書けば、的外れなことを書くこともなくなるのでほとんどの人が使っています。

さくら

それは聞いたことあるけど、何を書けばいいか分からないです…。

このように、一口に「序論」「本論」「結論」と言われても何を書けばよいのか分からないと思います。

そこで僕がおすすめする構成の方法は以下の通りです。

問題提起(序論)
 ↓
・原因分析
(本論)
 ↓
・解決策
(結論)

基本的に小論文試験というもので求められているのは、「課題を見つけて自分なりの解決策を考える力」です。

上記の構成を使えば、あらゆる出題形式の試験に対応できます。

新堂ハイク

小論文では「構成」が絶対に必要です!

実際には書き始める前に、余白などに「メモ」として書いていきます。

➡小論文の構成の方法を例文付きで徹底解説!

構成メモの書き方

構成は問題用紙の余白部分に「メモ」という形で書いていくのが一般的です。

書き方に決まりはなく、自分が「これで最後までしっかり書ける!」と思ったら十分です。

この「構成メモ」がないと、指定の文字数を超えたり、逆に少なすぎたり、主張が最初と最後で変わっていたり、何が言いたいのかわからなくなったりして、ボロボロの文章になってしまいます。

必ず「最後まで書ける!」と確信を持てるところまで詳しく書きましょう。

構成メモは以下の手順で書いていくと、スムーズにできます。

①課題文(テーマ・資料)の分析
②問題点をあげる
③原因を分析する

④知識・体験を加える
⑤解決策を考える
⑥整理して順番、段落構成を決める

基本的に構成メモは箇条書きをおすすめします。

メモが文章になっていると、文章を原稿用紙に写すという二度手間になってしまいますので、メモには重要な要素だけをシンプルに書いていきましょう。

➡具体的な構成メモの書き方を例文付きで徹底解説!

さくら

構成が大事なのは分かりましたが、なかなか書き出せません…

新堂ハイク

小論文は書き出しが難しいですよね…。

次は、「誰でも簡単に書きだせる7つの方法」を解説するよ!

序論の書き方(書き出し)

小論文は意外と書き出しが難しいです。

意見はまとまっているのになかなか書き始めることができない、という生徒をよく見かけます。

序論は採点者の印象を決める重要な部分なので、変な書き方をして減点されないように注意しましょう。

序論の書き方には、以下の7つのパターンを覚えておくと便利です。

1.意見提示をする
2.賛成、反対を示す
3.一般論から広げる
4.自分の経験から始める
5.具体例を出す
6.課題文を引用する
7.テーマの解説をする

困ったら1番の「意見提示をする」という方法が無難で、減点もされにくいです。
書き出し方は以下の通りです。

私はこの問題に対して○○と考える。

問題の原因分析
意見の理由

解決策

小論文の評価ポイントは内容です。
芸術点なんてものはないので、書き出しや構成は典型的なもので十分です。

➡【小論文の書き出し】簡単に書ける7つの例文

本論の書き方

小論文の構成の中で大部分を占めるのは「本論」です。

本論には序論で述べたことの展開という重要な役割があり、本論に何を書くかによって説得力が変わります

基本的に本論は「問題に対する原因分析」を行う段落で、以下のことを中心に書いていきます。

①知識・情報
②体験・経験
③引用・資料

①「知識・情報」は正確なデータを記憶している必要があり、③「引用・資料」はそもそも資料がなければ書くことはできません。

➡【小論文の引用の書き方】を徹底解説!

つまり基本的に本論は②「体験・経験」を使って書いていくことになります

体験や経験は自分だけのものであり、書き方次第で何倍にも価値あるものに変わります。

説得力がある「評価の高い体験談」を書くには3つの要素が重要です。

①自分の体験と照らし合わせる
②具体例をあげる
③課題の問題点を自分なりに考える

上記に加え、今までの自分の活動や、人との関わりを整理すると評価の高い体験談を書くことができます。

さくら

でも私、そんなすごい体験談なんてないです…。

大丈夫です。そんな人でも評価の高い体験談を書く方法があります。

➡部活・委員をやってない人でも評価の高い体験談を書く方法

さらに、この本論に「反論」を加えるとレベルの高い小論文を書くことができます。

小論文に反論は必須ではないですが重要性は高いです。

そもそも小論文とは「論理で相手を説得する文章」です。

誰かを自分の論理で説得しようとしたとき、相手から反論を受けることはよくあることですよね。

小論文ではそのような「自分の意見への反論」に対して、論理的に対応できると説得力が上がり評価が高くなります。

➡【小論文における反論の重要性】を国語教師が徹底解説!

結論の書き方

よく「結論にはまとめを書くのが良い」という意見を聞きますがまとめは書かなくてよいです。

採点者もプロですから、800~1200字程度の文章の内容を読んでいるうちに忘れてしまい、最後にまとめが必要になるなんてことはありえません。

それよりも結論に書く必要があることは、問題の「解決策」です。

学校側は「問題解決意識」を持った学生・生徒を欲しています。

解決策は以下の2つの視点から書くと良いです。

・現実的かつ具体的な案
・自分ができること・していること

特に「自分ができること・していること」は欠かさず書きましょう。

そして文章の終わり方は、希望を持ったポジティブな印象で締めましょう。

希望ある未来を自分で切り開いていく」という書き方にすれば、読後感がすっきりするのでおすすめです。

➡結論の書き方を例文付きで徹底解説!

時間配分と書き方の手順

「構成の方法」と「具体的に何を書いたらいいのか」が分かったらすぐに問題演習に取り組みたいところですが、小論文は「時間配分」もかなり重要です。

800字/60分のスタンダードな試験形式での、時間配分の方法は以下の通りです。

問題を分析する(5~10分)

構成をつくる(15~20分)

解答用紙に清書する(20~30分)

見直しをする(5~10分)

とにかくまずは問題文を読んで「構成メモ」を作ってください。

解答用紙に書き始めるのは、完全に構成が1から10まで固まってからです。

試験時間別の時間配分の例は以下の通りです。

指定時間分析構成清書見直し
30分5分5~10分10~15分5分
60分5~10分15~20分20~30分5~10分
90分5~15分20~30分30~40分5~10分
120分10~15分25~30分40~60分15~20分

あくまで目安なので、自分に合った時間配分を見つけてください。

ただ、何度も言いますが「構成メモ」には必ず十分な時間を取ってください。

➡時間配分と書き方の手順をさらに具体的に解説!

さくら

具体的な書き方は分かりました!

でも、小論文ってどんな感じで出題されるんですか?

新堂ハイク

主に5つのパターンで出題されるよ!

自分の志望校が、どのパターンで出題してくるかは必ずチェックしよう!

小論文の出題形式

書き方が分かれば、次の対策は「出題形式を知ること」です。

一口に小論文試験と言ってもただ書くだけはでなく、読解力を必要とするものや、資料のデータを正しく比較する力を必要とするものなどさまざまな形式があります。

志望校の過去問をチェックして、どのような出題形式になっているかを見てみましょう。

ここでは主な5つのパターンの出題形式を解説します。

・テーマ型
・課題文読解型
・資料分析型
・要約型
・志望理由型

さらにこれらが複数組み合わさった「複合型」の形式もあるので、すべてに対策が必要となります。

では上から順番に解説します。

テーマ型

与えられたテーマに対する自分の意見を論述する形式です。

一番オーソドックスな試験形式で、あらゆる学校・企業が採用している方法です。

対策としては、自分の志望する分野の情報に普段から触れておくことと、それに対して常に自分の意見を考えることです。

課題文読解型

与えられた課題文を読み、それに対する自分の意見を論述する形式です。

難関校になるほど課題文が長文になる傾向にあり、文章の内容も複雑になります。

制限時間内に課題文を読解し、その内容をふまえて自分の意見を構築して論述していくのでテーマ型以上に対策が大変です。

現代文の勉強等を通して、読解力を鍛えることが対策となります。

資料分析型

資料として図やグラフが与えられ、それを分析した結果を論述する形式です。

理系の学部や、文系では経済学部・福祉・教育系の学部などに多く見られる出題形式です。

資料の全体像を正確にとらえ、数字をしっかりと比較する力が要求されます。
文章読解力とはまた違う読解力が要求されるので、図やグラフに慣れることを中心に勉強しましょう。

要約型

与えられた課題文を読み、それを指定時数で要約する形式です。

課題文読解型とよく複合形式で出題されます。

課題文が長いほど要約が困難になります。
読みながら要点をマーキングしていくことが、時間短縮のコツです。

新聞の200時要約などのワークブックを、1冊仕上げるのが対策としては良いでしょう。

志望理由型

学部・学科への志望理由を論述する形式です。

大学側は特に「なぜうちの大学を選んだのか」が知りたくて、試験を課しているので、志望大学の理念や教育方針、特色などを知っておく必要があります。

自分の意見がブレないように、慎重に構成を決めてから書いてきましょう。

出題形式別の対策方法を解説したページはこちら

新堂ハイク

以上が主な「出題形式の解説と対策」です!

次は

「頻出テーマ」

「勉強法」

「おすすめ参考書」などを紹介します!

頻出テーマ

出題形式が分かれば次に気になるのが「具体的にどんな問題が出るのか」だと思います。

主に小論文では「社会問題」がよく取り上げられます。

これは全分野・全学部通して頻出です。

なぜなら学校側は小論文試験を通して、「課題を見つけて自分なりの解決策を考える力」が学生にあるかどうかを見たいからです。

また、テーマが複合されて出題される場合もあるので、自分の進みたい分野の社会問題だけでなく、社会全体の問題に目を向ける必要があります。

では分野別に頻出テーマを一覧したので、目を通してみてください。

・人文・教育
・社会科学
・理系
・医療
・全分野共通

人文・教育

人文・教育系は身の回りのことがテーマになり、出題されます。

教育系

・教育格差
・オンライン授業
・9月入学
・キャリア教育
・待機児童問題
・保育士(園)の不足

語学系

・留学の必要性、重要性
・異文化交流の重要性
・小学校からの英語教育
・難民、移民の受け入れ問題
・グローバル化で必要なこと

福祉系

・貧困問題
・介護疲れ
・老老介護
・超高齢化社会
・介護士の賃金問題
・障害者への偏見の改善

社会科学

社会科学系は、法学・政治学・経済学・経営学がベースのテーマが頻出です。

法学系

・成人年齢(選挙権)の引き下げ
・国際社会における法の役割
・ヘイトスピーチ規制法
・生活保護の増加、不正受給
・誹謗中傷問題

経営系

・雇用問題
・同一賃金制
・年功序列賃金制
・コンプライアンス
・働き方改革
・有給、産休、育休
・パワハラ、セクハラ

経済系

・消費税増税
・税制度
・年金問題
・地方創生
・有効求人倍率
・失業率

理系

理系の小論文は、高校理科の教科書レベルの知識をつけておくのが前提です。

理学系

・金属鉱物資源問題
・ゲノムと遺伝子
・IPS細胞(人工細胞)
・ヒートポンプ
・プレートの活動

工学系

・未来の機械技術について
・施設、建築の技術
・新サービス、新機能
・ウェアラブルデバイス
・自動運転技術

医療

医療系は小論文試験を課しているところが多く、あらゆる問題に冷静に対応できる能力が評価されます。

医学系

・再生医療
・尊厳死、安楽死
・投薬による延命の意義
・クローン
・臓器移植
・末期医療
・未知のウイルス、感染症
・手術ロボットの導入

看護系

・認知症ケア
・出生数の減少
・リハビリサポート
・チーム医療
・看護師の夜勤
・臨床現場における看護師の役割

全分野共通

全分野共通の頻出テーマとして国際的な時事問題と、自己理解を解説します。

時事問題(2020年)

・新型コロナウイルス
・東京オリンピック
・人種差別
・イギリスのEU離脱
・アメリカ大統領選
・Eスポーツ
・GAFA

自己理解

・志望理由
・入学後に取り組みたいこと
・中高時代に頑張ったこと
・将来の夢
・尊敬する人物

【2021年最新】小論文の頻出テーマとネタの集め方



効率的な勉強法

小論文は「読解力」「論理的思考力」「文章力」を必要とするので、教科科目とは勉強の仕方が違い、実力も伸びにくです。

なので勉強開始の時期はなるべく早い方が良いです。

志望校を決めた後に小論文試験があるとわかったら、すぐに勉強を開始してください。

僕がおすすめする効率的な勉強法は、以下の通りです。

・現代文の勉強時間を増やす
・過去問に取り組む
・参考書で問題演習
・添削指導を受ける

では上から順番に解説します。

現代文の勉強時間を増やす

現代文の勉強はそのまま小論文の勉強につながります。

入試に小論文がある場合は、まずは現代文の勉強時間を増やしましょう

・評論文を読んで読解力をつける

・記述問題に取り組んで文章力の基礎を固める

・要約に取り組んで力試し

このように現代文の勉強は、文章を書くことに対する抵抗感を減らすことができます。

過去問に取り組む

評論文である程度論文の構成に慣れ、記述や要約で文章を書くことへの抵抗が無くなったら、志望する大学の過去問に取り組みます。

その場合過去5年分ほどさかのぼって取り組み、出題テーマの分析と出題形式に慣れることを意識しましょう。

過去問に取り組むときに、意識するべきことは以下の通りです。

・頻出テーマの確認
・出題形式の確認
・試験方式の確認(時間、文字数など)

これらをもとに勉強方針を立てていきましょう。

参考書で問題演習

参考書は自分に合ったものを選びましょう。

どんな参考書を何冊買えばいいか分からない!という方は以下を参考にしてください。

難関校に挑む人

・書き方の参考書1冊
・分野別対策の参考書1冊
・時事問題等の教養参考書1冊

難関校以外の人

・書き方の参考書1冊

特に書き方の参考書は「1冊を完璧に仕上げる」という方法がおすすめです。

➡小論文の勉強法を国語教師がはじめからていねいに解説!

添削指導を受ける

小論文の自己採点には限界があります。

試験が近づいてきたら、必ず第三者の添削指導を受けましょう。

添削は基本的に学校の国語の先生にしてもらうと間違いないですが、塾に信頼できる先生がいる場合は、そちらでも構いません。

さくら

頼れる先生がいません…。

塾にも行ってません…。

「学校の先生にも塾の先生にも頼ることができない!」という人はWEBの添削サービスを使いましょう。

\おすすめの添削サービスはこちら!/

新堂ハイク

これらのサービスを使えば、小論文の独学は可能です!



おすすめ参考書

最後におすすめの参考書を紹介します。

小論文の参考書は、書き方の手順書を1冊買って仕上げれば十分です。

逆に書き方の手順書を何冊も買ってしまうと、どの方法で書けばいいか分からなくなってしまうので、おすすめしません。

書き方を習得したらどんどん問題演習に取り組む方が、実力をつけやすいです。

では以下の3つのジャンルに分けて、それぞれ3冊ずつ僕のおすすめを紹介します。

・書き方の参考書3選
・分野別対策の参考書3選
・時事問題等の教養参考書3選

書き方の参考書3選

小論文は自己流で書いても絶対に合格しないので、ある程度最初は参考書を読んで型を身につける方法がベストです。

落とされない小論文

Amazonランキング1位の定番参考書です。

初心者~難関校志望者まで対応できるので、迷ったらこの参考書で間違いないです。

採点者の心をつかむ合格する小論文

初心者には少し難易度が高いですが、採点者側の心理を学ぶことができるという新しい視点の参考書です。

本編はスラスラ読める講義形式で、分かりやすいたとえ話も多いのが特徴です。

小論文これだけ!超基礎編

入試小論文界の重鎮である樋口裕一先生の著書で、Amazonランキング2位の参考書です。

「小論文これだけ!」シリーズは他にも多く出版されていて、後に紹介する分野別対策の参考書と併用するなら、この「小論文これだけ!超基礎編」を買っておくことをおすすめします。

分野別対策の参考書3選

「書き方の手順書」を読んで、「どう書くか」を理解したら、自分が受ける志望分野の頻出テーマの対策をすると合格率がアップします!

ここでは小論文試験が課される割合の高い「看護系」「医学系」「教育系」の3つの分野別対策の参考書を紹介します。

書くべきネタが思いつく 看護医療系小論文 頻出テーマ15

本書は看護医療系Amazonランキング1位の参考書で、最重要15テーマを講義形式で学ぶことができます。

特徴は、実際の入試問題に対する2通りの解答例を紹介している点で、状況によって書き方を使い分けすることができます。

世界一わかりやすい 医学部小論文・面接の特別講座

医学部受験は学科試験が重視されがちですが、近年面接や小論文の比率が高まっています

本書は医学部専門予備校が蓄積したデータとノウハウから、医学部小論文・面接で高得点をとる方法が公開されていて、医学部を受験するなら必須の1冊といえます。

小論文これだけ! 人文・情報・教育編

「情報社会・インターネット」「メディア」「近代・ポストモダン」「学問・大学」といった専門知識の解説から、分野別の書き方を学ぶことができます。

時事問題等の教養参考書3選

これから紹介する参考書は「教養」をテーマにしたものです。

自分の志望分野の時事問題、社会問題、構造や仕組み、社会実験のデータを知っておけば、どんな課題テーマが来ても安心ですよね。

しかもこれらの教養書は、入試以外でも人生において必ず役に立つ知識や考え方を身につけることができるので、難関大志望者以外の人でもおすすめです!

大学入試小論文の完全ネタ本

小論文試験に合格するために欠かせないネタ(頻出テーマ・関連キーワード)が収録された分野別の参考書です。

社会科学編以外にも、「人文・教育系編」「自然科学系編」「医歯薬系/看護・医療系編」などがあり、自分の志望分野をチェックしてみてください。

2020-2021年版 日本と世界の時事キーワード

時事問題は全分野・学部・学科で頻出です。

ジャンルごとに分けられた解説と、オールカラーで見やすく、時事問題の勉強には1番おすすめです。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

国際系のテーマが頻出の学部では、この1冊で世界標準の教養が身につくのでおすすめです。

ニューヨークタイムズベストセラーでアメリカでは470万部刊行されています。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、教養を高める知識を365日分収録するというコンセプトで、読みごたえがあり、すべての高校生に読んで欲しい1冊です。

➡小論文のおすすめ参考書30選を徹底解説!

➡決められないならこの5冊!

新堂ハイク

以上で本記事は終了です!

さくら

最後までご覧いただきありがとうございました!