小論文

小論文の文末は「だ」「である」!国語教師が文末表現を徹底解説!

新堂ハイク

こんにちは!
高校教師の新堂ハイクです!

小論文の文末表現が分からない…

小論文を書く際に気をつけなければいけないのが、文末表現です。

さくら

「~だ」「~である」って書くやつですよね。

でも普段使わない言葉だから、いざ書くとなると難しいです…。

新堂ハイク

確かに普段から「~だ」「~である」って使ってる人はいないよね(笑)

間違った文末表現は減点対象になるからしっかりとマスターすることが欠かせません!

このページでは、

小論文で使う減点されない文末表現

を現役国語教師の僕が分かりやすく解説します。

正しい文末表現をマスターして、合格する小論文が書けるようになりましょう!

小論文の文末は「だ」「である」調

文章の文末表現には2種類あります。

・「です」「ます」調

・「だ」「である」調

「です」「ます」調の文体を敬体、「だ」「である」調の文体を常体といいます。

もちろん小論文で使う文末は「だ」「である」調です。

ただし、敬体(「です」「ます」調)で書きなさいという指定がある場合や、志望理由書などは常体でなくてもかまいません。

減点されないためには文体を統一することが一番大事です。

常体と敬体を文章中に混ぜて用いることは、採点される文章において最もNGなので覚えておいてください。

常体(「だ」「である」)を使う文章

・論文、小論文
・レポート
・新聞

このように状態は内容を簡潔に伝え、客観的な視点で文章を書くときに用いられます。

常体の方が文字数も少なくて済むので、新聞などの字数制限があるメディアにも使われています。

新堂ハイク

常体に慣れるには新聞を読むのがおすすめだよ!

敬体(「です」「ます」)を使う文章

・作文
・手紙
・志望理由書

敬体は相手に対する敬意を表すので、読み手に対して語りかけるような文章に用いられます。

ちなみに当ブログも読者への敬意を示すために、基本的には敬体で執筆しております。

新堂ハイク

常体なら常体、敬体なら敬体で文章を統一することが大切です。

もちろん小論文では常体を使います。



常体を使うときの注意点

次に、常体を使って文章を書いていく際の注意点について解説します。

常体は普段の生活であまり使わないので、書き始める前にしっかりと確認しておきましょう。

注意点は以下の2つです。

・「だ」「である」以外の文末表現

・同じ文末の重複に気を付ける

では上から順番に解説していきます。

「だ」「である」以外の文末表現

さくら

常体で文章を書くときは、必ず「だ」「である」で終わらせないといけないんですか?

新堂ハイク

そんなことはないですよ!

常体の文末表現は他にもあるので、覚えておきましょう。

~なのだ。
~であった。
~べきだ。
~だからだ。
~であろう
~ではないだろうか。
~ない。

このように常体の文末表現には「だ」「である」以外にもたくさん種類があります。

新聞や小論文の模範解答などを読んで、慣れるようにしましょう。

同じ文末の重複に気を付ける

同じ文末表現が連続すると、文章に幼稚な印象を与えてしまうので避けるようにしましょう。

日本の学校教育の授業は一斉授業である。これは一人の教師が多数の生徒に同じ内容を教える方式である。この方式だと、生徒一人一人の志望校は違うので非効率である

「である」が3回連続で続いています。

これは極端な例ですが、文章の読みにくさとリズムの悪さが出ています。

日本の学校教育の授業は一斉授業である。これは一人の教師が多数の生徒に同じ内容を教える方式。この方式だと、生徒一人一人の志望校は違うので非効率といえる

文末表現の重複を直した例は、悪い例に比べて読みやすくなっていることが分かります。

このように小論文を書く際には、同じ文末表現が連続していないかをしっかりと確認することが重要です。



その他の文末表現の注意点

最後に、常体(「だ」「である」調)以外の文末表現で注意することを解説します。

・「思う」「考える」「感じる」は使わない

・小論文で使う記号に注意する

では上から順番に解説していきます。

「思う」「考える」「感じる」は使わない

小論文でこの「思う」「考える」「感じる」という表現をよく使っている人は多いのではないでしょうか。

この表現は絶対使うなとは言いませんが、極力使わない方がよいです。

これらの表現を多用すると歯切れの悪い文章になってしまうからです。

例文を見てみましょう。

SNSは実名制にするべきだと私は考える。実名制にすれば発言に気をつけるようになり、昨今問題視されている誹謗中傷を防げるのではないかと思う。ただ、現状法整備などの点において実現は難しいのではないかと感じる

「思う」「考える」「感じる」という表現を使うと、歯切れが悪く、どことなく他人事のように感じませんか。

小論文は「思っ」たり「考え」たり「感じ」たりした内容を書くものです。

これらの表現はできるだけ使わないように、断定(言い切り)の表現を使うように心がけましょう。

SNSは実名制にするべきだ。実名制にすれば発言に気をつけるようになり、昨今問題視されている誹謗中傷を防げる。ただ、現状法整備などの点において実現は難しいのではないか。

政治家の発言などをみてもそうですが、断定する(言い切る)ことにはリスクが伴います。

自分の発現に責任を負うことになるのですから。

しかし自分の発言(文章表現)に責任を負うことで、文章に説得力が生まれるので小論文では断定を心がけるようにしましょう。

記号は「、」と「。」のみ

「?」「!」「~」「…」などの記号は小論文では使わないので、注意が必要です。

~するべきである!

~ではないだろうか?

~であった…。

さすがに「!」や「…」などを使う人はいないと思いますが、「?」は意外と使ってしまう人もいるようです。

~するべきである。

~ではないだろうか。

~であった。

文中には「、」を使い、文末には「。」のみを使うのが正しい小論文の文末表現です。

まとめ

小論文の文末表現

・小論文の文末表現は常体
 (「だ」「である」調)

・同じ文末表現の連続に注意する

・「思う」「考える」「感じる」は使わない

・記号は「、」と「。」のみ

小論文の書き方のすべてを参考書並みの情報量で解説しています!

ぜひご覧ください👇

新堂ハイク

以上で本記事は終了です!

さくら

最後までご覧いただきありがとうございました!