小論文

【小論文の書き出し】すぐに使える7つの方法【序論】

ハイク先生

こんにちは!
国語教師の新堂ハイクです!

小論文の書き始めが分からない…。

このような疑問を解決するために、小論文の書き出しの方法についてまとめました!

さくら

書くことは決まったけど、どう書き始めていいか分かりません…。

小論文は書き出しが難しいですよね。

自分の意見や結論はまとまったのに、なかなか書き出せない生徒を僕は何人も見てきました。

書き始めることができれば、スラスラかけるのに…。

ハイク先生

そんな悩みを解決する方法として、書き出しのパターンを7つ紹介します!

覚えておけばあらゆる出題形式に対応できるので、ぜひ最後までご覧ください。

小論文の書き出しの方法

小論文の書き出しをスムーズに行うために、典型的な7つの書き出しの方法をまとめました。

1.意見提示をする
2.賛成、反対を示す
3.一般論から広げる
4.自分の経験から始める
5.具体例を出す
6.課題文を引用する
7.テーマの解説をする

小論文の構成は「序論・本論・結論」の三段落構成が一般的で、書き出しは序論の部分にあたります。

序論は採点者の印象を決める重要な部分なので、変な書き方をして減点されないように注意しましょう。

上にあげた7つの方法で書き始めれば、減点されることはまずありません。

では、一つずつ詳しく解説していきます。

1.意見提示をする

意見提示とは簡単に言うと、結論を先に示すことです。

~に対して私は○○と考える
~の問題点は○○と主張する

このように問題点やテーマに対して、自分の意見を一番最初に述べます。

さくら

え、先に結論言っちゃっていいんですか?

大丈夫です!

最終的に結論で同じ内容を述べることになっても、「なぜそのような考えにいたったのか」という部分が大事だからです。

この意見提示は一番オーソドックスな書き出し方で、ほぼすべてのテーマや出題形式に応用できます。

また応用として

○○について私は3つの点について論じていく。
1点目は~で、2点目は…

というように全体の構図を示す方法も、採点者に読みやすさがアピールできるのでおすすめです。

論じる内容について列挙した後に、本論で詳しく解説しましょう。

2.賛成、反対を示す

テーマに対する自分の立場を明確にする方法です。

私は○○に賛成である。以下に理由を述べる。
私は○○に反対の立場である。なぜなら~

このように取り上げたテーマに、賛成・反対のどちらかの立場であることを表明し、その理由を論じていきます。

問題文に「賛成・反対の立場を明確にして述べよ」と指定がなくても、このように書き出して大丈夫です

一度立場を決めたら文中で意見がブレないようにしっかりと構成し、反対の立場の意見にも触れると、高得点になります!

3.一般論から広げる

世間一般の考え方ではどうか、という視点で始める方法です。

一般的に○○については、~と考えられているが、私は一概には言えないのではないかと考える。

世では○○というと~なイメージがあるが、果たしてそれは正しい認識といえるのだろうか。

一般的な考え方から、少し視点をずらした意見を提示するときに有効な方法です。

注意点としては、知識がしっかり入ってないとできないということです。

ハイク先生

テーマに自信があるときに使ってみよう!

4.自分の経験から始める

与えられたテーマに対する、自分の体験談から書きだす方法です。

□□について私は中学生の時に実際に○○をしたことがあり、そこから得られたことは~

この方法も「賛成・反対」と同じように問題文に「自分の経験・体験から述べよ」と指定がなくても、このように書き出して大丈夫です。

留学や生徒会長などの希少な体験がある人は、さまざまな活動に取り組んでいることもアピールできるのでおすすめです。

小論文における評価の高い体験談の書き方【本論】

5.具体例を出す

ニュースなどから、テーマに関する実際の出来事を提示して書き始める方法です。

近年○○という問題が世間を騒がせているが、この背景には□□という要素があり~

一般論と似た構成になりますが、これも知識が必要不可欠です。

また具体例を序論に出してしまうので、本論では自分の意見中心の内容を構成しなくてはいけません。

ただ書き出しの方法としては、他よりも採点者の目をひけるので、自分の意見に自信がある場合に使ってみることをおすすめします。

6.課題文を引用する

課題文読解型や、資料読み取り型の出題形式で使える書き出しの方法です。

筆者は「○○」と結論づけているが、私はこの考え方には問題点が二つほどあると考える。

「○○について」の図1と図3を比較した結果、□□という問題が浮かび上がってきた。これについて私の考えを述べる。

ポイントとしては、引用部分を明確にすることです。

課題文の文章を自分の意見のように使っているとみなされてしまうと、減反となるので、「」や””を使って引用部分が採点者に分かるようにしましょう。

7.テーマの解説をする

テーマがモノやサービスなどの場合、書き出しに解説を入れると知識をアピールできるのでおすすめです。

IoTとはモノをインターネットに接続する技術のことで、遠隔地からモノを動かしたり、モノ同士で通信を行えるので、さまざまな分野・領域での活用が期待されている。では、IoTのもたらす未来にはどのようなことが期待されるだろうか。

「○○とは」という説明から入ると非常に書き出しやすいです。

特にこれから論述していく部分の説明を入れると、スムーズに本論に入ることができます。

注意点としては、テーマに関する知識が必要で、説明が長ったらしくならないように簡潔にまとめることが大切です。

志望分野別の知識対策参考書一覧はこちら!



書き出しの注意点

ハイク先生

小論文を書きだすときに気を付けることをまとめています!

書く前に必ず構成をつくる!

試験開始と同時にいきなり解答用紙に書きだしてはいけません!

書く前に構成のメモをつくって、完全に書くことが決まってから解答用紙に清書していくのが小論文の基本的な解き方です。

書き出しも採点者の印象を左右する大切な要素ですが、合格したいなら構成が何よりも大切です。

簡潔に書くことを意識!

長々と序論を書いても高得点にはつながりません。

あくまでも序論は問題提起です。

今から論じることの「何が問題」で「自分はどう考えているのか」がメインになるので、序論は必要最低限で大丈夫です。

ハイク先生

序論は1行2行程度でも大丈夫です!

分からなければ意見提示

さくら

どうしても書き出せない…。

そんなときは、一番はじめに紹介した意見提示が一番失敗なく無難です。

私はこの問題に対して○○と考える。

問題の原因分析
意見の理由

解決策

このような流れは一般的な小論文でよく見られます。

小論文に芸術点なんてないので、書き出しや構成は典型的なもので十分です

大切なのは内容です!

書き出しに悩むくらいなら典型的なものにして、内容を考える時間を増やしましょう!

減点される書き出しは?

最後に減点される書き出しについて解説します。

課題文の引用が長い
→引用はあくまでも補足!
 自分の意見が大事です。

私は~、を繰り返す
→同じ表現を使うのは極力避けよう
 文章を書いているのは自分なので、何度も「私は~」という必要はありません。

指定された答え方になっていない
→書き出しにこだわりすぎて、賛成・反対か立場を明確にしていなかったり、引用を忘れているなどは減点です。
まずは落ち着いて問題文の答え方を確認しよう。

ハイク先生

文章表現の美しさは採点基準にありません!

フレーズにこだわる前に、内容にこだわろう!

無料で読める!【小論文の書き方完全ガイド】はこちら!👇

書き出しは採点者の印象を決めます!

1.意見提示をする
2.賛成、反対を示す
3.一般論から広げる
4.自分の経験から始める
5.具体例を出す
6.課題文を引用する
7.テーマの解説をする

書き出しの方法は7つあり、一番オードックスなのは意見提示です。

できるだけ簡潔に書きましょう。
1行2行でもかまいません。

書き出しももちろん大事ですが、一番大事なのは内容です。

書き出しにこだわりすぎて、肝心の内容を考える時間が取れなかったのではもったいないです。

上記の7つの方法を覚えれば、時間短縮にもなりますのでぜひ参考にしてください!

ハイク先生

以上で本記事は終了です!

さくら

最後までご覧いただきありがとうございました!