漢字検定

【漢検2級】合格を勝ち取る勉強法、受験までの流れを徹底解説!

ハイク先生

こんにちは!
国語教師の新堂ハイクです!

このページで分かること

✔漢検2級のレベル
✔勉強法
✔おすすめ参考書、問題集
✔勉強期間の目安
✔受験するメリット
✔受験までの流れ
✔日程、料金

さくら

漢検って受けた方がいいのかな…?
学校で受験できるって先生が言ってたけど…。

ハイク先生

漢検を取得するとたくさんメリットがあるから、受けることをおすすめするよ!

漢字検定は少ない努力で、大きなメリットがあるコスパのいい検定試験です!

さらに取得すれば履歴書の資格欄に一生書くことができ、進学や就職でも有利になる検定です。

僕の勤務している学校でも、団体受験で毎年全員受けています。

このページでは実際に僕が生徒に教えている勉強法やおすすめ参考書、問題集など、漢検2級合格に必要な情報がたくさんありますのでぜひ最後までご覧ください!

準2級、3級の解説はこちら!

漢検2級のレベル

2級のレベルは高校卒業・大学・一般程度です。

高校卒業レベルと言っても、高校在学中に十分取得できるレベルで、漢字が得意な人は中学在学中に取得できます。

出題範囲の漢字は2136字で準2級の1951字と比べても200字程度増えただけですが、合格基準が厳しくなります。

5級~準2級までは200点満点中70%程度(140点程度)で合格だったのに対し、2級からは80%程度(160点程度)取らなければ合格できません。

試験時間も60分と変わらないので、今までの級よりもさらに正確性が問われ、難易度が上がっています。

出題内容と配点の目安

漢字の読み30点
漢字の書き取り50点
四字熟語30点
対義語・類義語20点
誤字訂正10点
送り仮名10点
同音・同訓異字20点
部首・部首名10点
熟語の構成20点
参考 漢字検定頻出度順問題集

上の表の通りに配点が決まっているわけではありませんが、毎年このような配点で行われています。

漢字の読みに関しては30点と比率が高いので、ここは何としても満点を目指しましょう。

漢字の書きは一番配点が高い分野ですが、難易度も高いので8割程度(40点)取れれば合格は固いです。

熟語の構成や部首に関しては、日常生活で特に意識することのない領域なので個別の対策が必要になります。

200点中40点しか落とすことができないので、2級は苦手領域があるとかなり不利です。

満遍なく対策できるようにしましょう。

ハイク先生

次は勉強法とおすすめ参考書・問題集の紹介です!

勉強法・おすすめ参考書、問題集

漢検の勉強は主に暗記がメインです。

どれだけ漢字についての知識があるか、が合否を分けるところなのでできる限りの知識を頭に詰め込みましょう。

漢字を覚える際は書くことで覚える方法がおすすめで、基本的に漢検の勉強は問題集をどんどんこなしていく形になります。

さくら

私覚えるの苦手で…。
っていうか2000字も覚えられないよ!

大丈夫です!
漢検は長くても3ヶ月間、最短で1~2週間あればだれでも取得できる資格なのです!

2級の範囲は2136字と多いですが頻出の漢字は決まっていて、出る順に問題構成されている問題集を解いていけば、効率的に勉強することができます。

では僕の学校の生徒も使っている、おすすめの問題集を紹介します。

分野別漢検でる順問題集 2級

圧倒的おすすめ問題集です。

この本1冊を仕上げれば合格できます。

過去約10年間の漢字検定で出題された漢字を分析し、頻出度順にランク付けされた問題が分野別で掲載されています。

ランク分けはA,B,Cの3段階で、特にAランクの問題は本当によく出ます。

普段から漢字に親しんでおり、得意だという人はA,Bの2つのランクの問題を完璧にこなせるようになれば1~2週間程度の時間で合格可能です。

ノートを使って書いて覚えるのが基本の使い方ですが、付属の赤シートで隙間時間に見て覚えることもできるので無駄がありません!

ハイク先生

この参考書を使っている生徒が一番多いです!

漢検 2級 漢字学習ステップ

漢検を主宰している日本漢字能力検定協会が、公式に出している書き込み式のワークブックです。

「分野別漢検でる順問題集」は書き込み式ではないので、1冊だけでは不安だという方はこちらの漢検公式が出しているワークブックもあわせて取り組むことをおすすめします。

漢検 2級 過去問題集

こちらも日本漢字能力検定協会が出している過去問題集で、過年度実施の検定問題13回分がすべて収録されています。

答案用紙実物大見本が付いているので、本番とほぼ同じ環境で力試しができます。

過去に出題された問題が出る可能性は高いので、漢検の勉強は過去問演習が大切です。

特に出題形式に慣れることが重要で、過去問を解くときは必ず本番と同じ60分の制限時間通りに解きましょう。

期間別の勉強法

漢検は年3回行われるので、勉強期間は最長3ヶ月です。

ただ、準2級を取得しているなどもともと漢字に強い方は最短1~2週間で十分合格することができます。

じっくり時間をかけて勉強したい人も、時間がないので最短で合格したい人も参考書は2冊用意しましょう。

1冊は出る順で構成された問題集(おすすめは「分野別漢検でる順問題集」)、もう1冊は過去問題集です。

この2冊を自分の実力に合わせて、何周か仕上げれば大丈夫です。

1ヶ月以上時間がある場合

「分野別漢検でる順問題集」のA,B,Cすべてのランクを1巡しましょう。

1巡したらおもにA,Bランクの頻出度の高い問題の正答率を上げるために、1巡目で間違った問題の復習に取りかかります。

最後にCランクも完璧にして、2週間前には最新の過去問で力試しをします。

過去問で合格点に届かなければ、もう一度A,Bランクを1巡して頻出問題の正答率をできる限り上げます。

1~2週間で合格したい場合

まずは過去問演習に取り組み、自分の苦手分野を見つけます。

「分野別漢検でる順問題集」で自分の苦手分野を徹底的につぶしていきながらA,Bランクの問題を1巡しましょう。

Cランクの問題は四字熟語や部首、熟語の構成などのなじみがない分野だけを狙って隙間時間などに取り組むと点の取りこぼしがなくなります。

ハイク先生

準2級を持っている人や漢字が得意な人は2週間、苦手な人は1ヶ月の勉強時間を取ろう!



漢検2級を受験するメリット

2級取得のメリットはこちらです。

・高校、大学受験時に有利になる
・就職活動時に有利になる
・漢字に強くなる

現在漢字検定を進学時の加点材料にするとしている高校大学は増えています。

自分の志望校が漢検を入試に活用しているかを知りたい方はこちら。
高校学校における「漢検」資格活用状況調査
大学における「漢検」資格活用状況調査 

特に高校生で取得できる資格の中でも、漢字検定は難易度が低いので進学校の生徒は基本的に持っている可能性が高いです。

大学の進学希望願書にも取得資格の欄があり、そこに何も書かないよりは書くことができるのでとりあえず取るという人も多いようです。

ただ、2級に関しては取得難度が高くなるので2級まで取っておくと同じ漢検資格保有者の中でも有利になります。

就活でも、エントリーシートに2級から記載することができ、漢字の誤字脱字などを防ぐことができるので有利に働きます。

反対に漢検のデメリットとしてはこちらがあげられます。

・進学、就職の決め手にはならない
・国語の成績が大きく上がることはない

漢検2級を持っているだけで入れる高校・大学はありませんし、企業も同じです。

あくまで入学試験や面接試験にプラスされる要素としての資格なので、間違えないようにしましょう。

また、漢字に強くなっても国語に強くなるわけではありません。

悲しい事実ですが、高校で国語を教えている僕が断言します。

もちろん2級取得レベルの漢字力があれば、テストで漢字問題で落とすことはなくなりますし、読解も楽になります。

しかし国語の記述力や読解力を、劇的に向上させるものではないということは覚えておいてください。

ただ漢検は一生残る資格で、知名度は抜群に高いです。

取得難易度も他の検定試験に比べてかなり低いので、高校在学中に2級まで取得することをおすすめします。

受験までの流れ

実際に漢検を受験するまでの流れを解説します。

漢検はどの級からでも受験可能で、初めて受ける場合は学生であれば4級、社会人であれば3級をおすすめします。

おもな受験級の検定料は以下の通りです。

検定級検定料
2級3500円
準2級2500円
3級2500円
4級2500円

2級から値段が上がり、準1級は4500円、1級は5000円します。

正直準1級以上は趣味のレベルなので、漢検を取得するなら2級までで十分です。

申し込み方法

受験申し込みの方法は個人受験の場合は4つあります。

・インターネット
・コンビニ
・取り扱い書店
・取り扱い機関(新聞社など)

漢検のホームページから申し込むことができます。

学生の場合は団体受験で学校が試験会場になることがほとんどなので、学校の漢検案内を見て応募してください。

受験日程

検定試験は基本的に年3回実施されます。

2020年度は6月21日(5/21締切)、10月18日(9/18締切)、2月14日(1/15締切)の3日間です。

2020年度の試験日程の詳細はこちら

申し込みから結果の発表まで

すべての受験級に共通している、検定日の1ヶ月前~検定日の40日後までの流れを解説します。

・検定日1ヶ月前
 1ヶ月前までに申し込みを完了しなければ、直近の検定を受けることができませんので忘れず申し込みましょう。

・検定日1週間前
 受験表が自宅に届きます

※検定日4日前になっても自宅に届かない場合は、教会へ問い合わせてください。

・検定日当日
 各受験会場で検定試験を受けます。

・検定日約5日後
 標準解答が漢検ホームページに掲載されるので、自己採点が可能になります。

※2級の合格点は160/200が目安です。

・検定日約30日後
 漢検ホームページで合否結果が発表されます。

・検定日約40日後
 検定結果資料・標準解答・合格証書・合格証明書が届きます。

※満点合格の場合は「満点合格証明書」という普通の合格証明書よりも豪華な賞状が届きます!

ハイク先生

以上が漢検取得の流れだよ!

効率的に漢検2級を取得しよう!

漢字検定2級は最長3ヶ月、採点で1~2週間で取得できるコスパのいい検定試験で、進学や就職に有利に働きます。

特に2級は勉強時間、難易度、知名度ともに最もバランスが良く、高校在学中にぜひ取得してほしい資格です。

勉強法は主に暗記がメインで、頻出問題集や過去問をどんどん解いていきましょう。

おすすめの問題集は「分野別漢検でる順問題集」です。

あなたの合格を応援しています。

ハイク先生

以上で本記事は終了です!

さくら

最後までご覧いただきありがとうございました!