参考書・問題集

「望月光 古典文法講義の実況中継①」の特徴と使い方を国語教員が解説!

さくら

こんにちは!
国語教師の新堂ハイクです!

僕は現在私立高校で、特進クラスの授業担当をしています。
古典の授業も担当しているのですが、古典が苦手な生徒に

さくら

ハイク先生~!
古典文法がイマイチ分からなくて、点がなかなか取れないです…。
何かいい参考書ありますか?

と聞かれることがあるので、おすすめの文法の参考書を紹介しています。

それが今回解説する「望月光 古典文法講義の実況中継①」です!

さくら

先生の言ってた参考書、講義形式ですごく分かりやすかったです!

という声を聞くので、同じように「古典文法が伸び悩んで困っている」人には、ぜひおすすめしたいです!

それでは「望月光 古典文法講義の実況中継①」について、どこよりも詳しく解説していきます!

この記事の信頼性

✅筆者は現在私立高校勤務の国語教諭であること
500人以上の生徒の勉強に携わり、指導していること
実際に買って、解いてから紹介していること

「望月光 古典文法講義の実況中継①」の特徴と使い方を国語教員が解説!

ハイク先生

実際に解いてみました!
参考書の選び方に失敗しないためにも、ぜひレビューを役に立ててください。

基本情報

はじめに参考書の基本情報です。

望月光 古典文法講義の実況中継①

出版社語学春秋社
値段1430円
著者望月光
内容紹介読みやすさを重視して,本文を2段組に再構成しました。
また,本文中に掲げた「文法事項のまとめ」を総チェックできるように,「巻末付録:文法事項総まとめ」として巻末に再収録しました。
これは復習がしやすくなると同時に他の問題集などを利用した後,わからなかったところを再チェックするのにも役立つようにしたものです。

内容

初心者にも分かりやすい古典文法の参考書です。

文法は何をどう覚え、覚えたことがどう役に立ち何が必要何が要らないかを明らかにした本

本書のはしがきから引用した言葉です。

実況中継という名の通り、望月先生の講義形式で内容が進んでいく参考書で、基本的な内容もさることながら、より実践的な内容を多く含んだ参考書です。

古典文法における入試問題のポイントなど、点を取るために必要なテクニックを多数学ぶことができます。

具体的な本書の内容としては、用言のポイントから始まり、動詞・形容詞・形容動詞・助動詞・助詞までの解説が本書の内容となっています。

望月光 古典文法講義の実況中継①」は二部構成となっており、「望月光 古典文法講義の実況中継②」では、さらに深い内容を学ぶことができます。

問題構成 全258ページ

第1回 用言のポイント
第2回 助動詞の活用と接続
第3回~10回 助動詞
第11回 格助詞
第12回 接続助詞
第13回 副助詞
巻末付録 「文法事項総まとめ」

特徴

望月光 古典文法講義の実況中継①」の特徴は何と言っても、予備校の授業を受けているかのような講義形式の解説です。

本書の内容は予備校の”古典文法”の講義を1年間聴講するのと同じだけの情報量が入っています

本書より引用しました。

さくら

1年間の講義と同等のことが得られるってすごいですね!

著者である望月先生は実際に予備校講師をされており、関西弁のリズムの良いテンポで進む授業を受けている気持ちになりながら、文法の勉強をすることができます。

望月先生の関西弁にクセが少しあり、気になる人は気になってしまうと思います。
望月先生のキャラクターを受け入れることができれば、スムーズに読み進めることができます。

講義形式の参考書なので、練習問題はほとんどありません。
例題がいくつかあり、それをもとに重要な文法事項を解説していくという流れになります。

解説も非常に細かく身に着けた文法の知識を入試問題でどう使うかという実践的な思考も身につきます。

258ページの大容量に加えて、本文が2段構成なので、見た目よりも読むのに時間がかかりますが、大切な文法事項を網羅できるので、文法を完璧にしたい人にはもってこいです!



難易度★★★☆☆

5段階評価で「3」くらいの標準的な参考書です。

難易度としては高校1年~高校2年レベルの、古典文法を完璧にして、受験へとつなげていきたい人に合った難易度だと思います。

古典文法を基礎から学ぼうとする人にとっては少し難しいかもしれません。

細かい文法知識や、古典常識を利用した問題に対応できるハイレベルな実力を養成したい人に向いています。

良いレビュー・悪いレビュー

Amazonと楽天の商品ページにある、良いレビューと微妙なレビューを紹介しておきます。

Amazonのレビュー

関西弁に引っかかる人がいるようですね…。

楽天のレビュー

楽天のレビューはありませんでした。

おすすめする人

・古典文法の基礎を完成させたい人
 「望月光 古典文法講義の実況中継①」は大容量かつ非常に細かい解説が特徴なので、「望月光 古典文法講義の実況中継②」と続けて使って古典文法の基礎を完成させるにはうってつけの参考書といえます。ただ、難しい内容も出て来るのである程度古典が得意な人でないと内容についていけない可能性もあります。

・難関大入試を見すえて古典の勉強をしたい人
 入試に必要な古典文法のポイントが多数解説されているので、「望月光 古典文法講義の実況中継①」は初心者~難関大入試まで幅広く対応できる参考書です。受験勉強の最終局面まで役に立つものなので、難関大入試で古典を使う人はやっておいて欲しい参考書です。

逆におすすめできない人

すでに古典文法の知識が身についている人です。本書はあくまでも参考書なので、問題数は極端に少ないです。すでに古典文法の知識がついている人は問題演習を重ねた方が確実に力は伸びます。



解き終わるまでにかかる期間

勉強計画を立てる際の目安にしてください。

全13回の講義を各30分づつとして計算します。

合計390分(6時間30分)

1日1時間取り組んだとして、6日半で終わります。

1週間程度で、古典文法の半分基礎固めができる参考書です。

ただ、これは何度も繰り返しやりこんで欲しい参考書なので、1周だけにとどまらず、2周、3周と繰り返して下さい。

合わせて使うと効果的な参考書

望月光 古典文法講義の実況中継①」は2部構成なので、次に解くべき参考書はもちろん、「望月光 古典文法講義の実況中継②」です。

望月光 古典文法講義の実況中継②

①では古典文法の重要事項の半分しか解説されていないので、②で文法知識を完成させてください。

また、実況中継シリーズはあくまでも参考書です。
知識を入れたら演習をしなければ定着しません

そこでおすすめなのが、「古典文法・基礎からのジャンプアップノート」です。
レビュー記事もありますので、詳しく知りたい方はどうぞ👇

さくさく進めることができる大判のワークブックなので、知識の定着にはもってこいです。

さらにこのワークブックの監修に望月光先生がついているので、互換性もばっちりです。

ただ、「古典文法・基礎からのジャンプアップノート」は難易度はあまり高くありません。

もっと高いレベルの古典文法演習をしたい方は、「古文上達 基礎編 読解と演習45」がおすすめです。

古文上達 基礎編 読解と演習45

体系的に文法を学べる構成になっているので、身につけた文法知識をフル活用して問題を解いていきたい人に最適です。

以上の参考書・問題集を活用すれば、大学受験レベルで戦える力を身につけることができます!

ハイク先生

以上の参考書・問題集を活用すれば、大学受験レベルで戦える力を身につけることができます!

まとめ

望月光 古典文法講義の実況中継①」は、大容量かつ細かな解説で初心者~難関大志望者まで使える講義形式の参考書です。

難易度は標準レベルで、おすすめする人は「古典文法の基礎を完成させたい人」や、「難関大入試を見すえて古典の勉強をしたい人」です。

おすすめできない人は「すでに古典文法の知識が身についている人」です。

ハイク先生

僕のブログ「旅する教室」では、他にも参考書・問題集のレビューや勉強法、古典文法の解説など、受験と国語に関する様々なコンテンツを取り揃えております。

「旅する教室」は夢に向かって勉強するすべての人を応援しています。

質問等あればTwitterでいつでも受け付けております。

一緒に頑張りましょう。

さくら

最後までご覧いただきありがとうございました!