識別

【古典文法】「なり」の識別が”読むだけ”でわかる!

古典文法の識別苦手なそこのあなたはこの記事を3分読んで、しっかりと理解してしまいましょう!

こんにちは!
国語教員の新堂ハイクです!

古文の「識別」は文法問題頻出の項目なので、「識別」ができないと入試古文と戦うことができません!

ということで今回は「なり」の識別を解説します!

この記事は

・古典文法は覚えたけど、文法問題が解けない

・古典文法は覚えたのに、古典が読めない

・文法は完璧だけど、もう一度復習したい

という方に向けて基本からわかりやすく解説する記事です。

この記事で

さくら

「なり」の識別が分かった!

となることを保証します!
では、ハイク先生お願いします。

ハイク先生

はい!
今回は古典文法の最終地点である識別の「なり」を解説していくよ!

古典文法「なり」の識別とは

ハイク先生

はじめに「なり」について何をどう識別するのかを説明するよ!

まず、「なり」には4種類の形があります。

文章中に出てくる「なり」は下の4種類のどれなのかを見分けるのが「なり」の識別です。

断定助動詞なり」の連用終止形

伝聞推定助動詞なり」の終止形

形容動詞ナリ活用の活用語尾

ラ行四段動詞なる」の連用

①断定の助動詞「なり」の活用表

基本形なり
未然形なら
連用形なり に
終止形なり
連体形なる
已然形なれ
命令形なれ
接続体言連体形

断定の助動詞「なり」の連用形と終止形の形ですね。
接続は体言・連体形です。

断定の助動詞の「なり」を忘れてしまったという方は下の記事に詳しく解説していますので、復習代わりにどうぞ👇
3分で読めます!

②伝聞推定の助動詞「なり」の活用表

基本形なり
未然形
連用形(なり)
終止形なり
連体形なる
已然形なれ
命令形
接続終止形・ラ変型の連体形

伝聞推定の助動詞「なり」の終止形の形ですね。
接続は終止形・ラ変型の連体形です。

伝聞推定の助動詞の「なり」を忘れてしまったという方は下の記事に詳しく解説していますので、復習代わりにどうぞ👇
3分で読めます!

③形容動詞ナリ活用の活用表

未然形なら
連用形なり に
終止形なり
連体形なる
已然形なれ
命令形(なれ)

形容動詞ナリ活用の連用形終止形活用語尾ですね。

ナリ活用の形容動詞は例えば、「静かなり」「あはれなり」「悲しげなり」「はるかなり」などの語です。

形容動詞を忘れてしまったという方は下の記事に詳しく解説していますので、復習代わりにどうぞ👇
3分で読めます!

④ラ行四段動詞「なる」の活用表

未然形
連用形
終止形
連体形
已然形
命令形

ラ行四段動詞「なる」の連用形なり」の形ですね。

四段動詞を忘れてしまったという方は下の記事に詳しく解説していますので、復習代わりにどうぞ👇
3分で読めます!



「なり」の識別

①断定②伝聞推定③形容動詞の活用は同じラ変型、④動詞「なる」だけはラ行四段ですが、「なら」「なり」「なる」「なれ」のすべての音が共通しているので、活用形での判断はできません。

接続意味で識別します。

①接続での識別

例 「受くるなり」

受くる+なり

「受くる」は「受く」という動詞の連体形

連体形+なり

「なり」は断定の助動詞「なり」

訳 「受けたの

例 「受くなり」

受く+なり

「受く」は「受く」という動詞の終止形

終止形+なり

「なり」は伝聞推定の助動詞「なり」

訳 「受けるらしい」

例 「花なり」

花+なり

「花」は体言(名詞)

体言+なり

「なり」は断定の助動詞「なり」

訳 「花である

このように、直前の語の活用形に注目して識別します。

例 「行くなり」

行く+なり

「行く」は「行く」という動詞の連体形?終止形?

例 「あるなり」

ある+なり

「ある」はラ変型の連体形

上記のように直前の語の活用形では判断できない場合は、意味で識別します。

②意味での識別

例 「極楽に行くなり」

極楽に行く+なり

「極楽」は仏教の言い伝えなので「伝聞

「なり」は伝聞推定の助動詞「なり」

訳 「極楽に行くらしい

例 「静かなり」

「たいへん」をつけて訳せる場合は、形容動詞

たいへん静かである。

「なり」は形容動詞ナリ活用活用語尾

※断定と混同しやすいが、断定は「たいへん」がつかない

例 「花なり」

たいへん花である←

四段動詞「なる」の連用形の場合

そのまま「なる」と訳せる

例 「春になりて」

春になる

このように、文脈の意味を使って識別します。



実践問題

さくらさん、実際に問題を解いてみましょう。

さくら

はい!

例題
女もしてみむとてするなり

上の「なり」を文法的に説明しなさい。

直前の語は「する」ですね。
「する」はサ行変格活用動詞の連体形です。

さくら

断定も伝聞推定も連体形に接続するから、接続では判断できないですね。

③の形容動詞かどうかを見てみると、「たいへんする」になるので違いますね。

④のラ行四段動詞かどうか見てみると、「するなる」になるのでこれも違います。

ということは①断定②伝聞推定のどちらかということになります。

では、文脈の意味を見てみましょう。
「女もしてみむとてする」とは?

さくら

「女(の私)もしてみようと思ってする」ですね。

①「女(の私)もしてみようと思ってする」+「のである
②「女(の私)もしてみようと思ってする」+「らしい

意味が通るのは?

さくら

①の「女(の私)もしてみようと思ってするのである」ですね!

そうです!
つまり正解は?

さくら

断定の助動詞「なり」の終止形です!

正解です!
このように接続で判断できない場合は、文脈の意味を見ることで「なり」を識別することができます。

例題
女もしてみむとてするなり


女(の私)もしてみようと思ってするのである

文法を完璧にしていればどんな問題が来ても解くことができますので、識別の前に必ず文法は完璧に覚えておいてください。

特に助動詞の接続は絶対ですよ!

古典文法・識別解説記事一覧はこちらから。
古典文法・識別 はじめからわかりやすく解説シリーズ

古典文法おすすめ参考書3選

古典の読解が苦手な人におすすめの参考書を紹介します。

古典読解ができない原因のほとんどは古典文法が理解できていないことにあります。

古典文法を理解すれば、古典は得点源にできます!

現在私立高校の国語教師として、特進クラスの授業を担当している僕が、実際に生徒におすすめしている参考書・問題集をご紹介します。

望月光 古典文法講義の実況中継

👆二部構成で圧倒的な情報量が魅力の講義系参考書です。

入試問題に対する文法の応用法が学べる、初心者~難関大までおすすめで参考書です!

詳しいレビューもありますので気になった方はぜひご覧ください👇

富井の古文読解をはじめからていねいに

👆古文を読むための基本的な読解技術を学べる参考書です。

物語調なので読みやすく、シンプルな参考書が苦手な人におすすめです!

古文解釈はじめの一歩

👆こちらも文法と読解の同時進行ができる参考書です。

基礎的な文法知識がしっかりと頭の中に入っているかを確認するためにおすすめの参考書です。

合わせて読みたい記事

僕のブログ「新堂ハイクの旅する教室」では、国語と受験に関する記事を日々更新しています。

その中から合わせて読むと効果的な記事を紹介します。

👆「用言」や「活用」が分からなければ、3分程度で読めるこの記事で理解すると古典が楽になりますよ!

👆暗記が苦手な人に、今日から使える現実的な暗記法を5つ紹介しています。

活用や接続を覚えるのに役立ててください。

👆僕が実際に活用していた苦手科目の克服法です。

苦手科目があるかたはぜひご覧ください!

👆休憩の取り方ひとつで勉強の効率が変わるって知ってましたか!?

勉強における休憩は、集中力を維持して長時間勉強するために不可欠なので、勉強が続かない人はぜひ試してみてください!

ハイク先生

以上で本記事は終了です!

さくら

最後までご覧いただきありがとうございました!