助動詞

【読むだけ3分】古典文法・伝聞推定の助動詞「なり」をはじめから分かりやすく解説!

どうも新堂ハイクです!
古典文法の伝聞推定の助動詞なり」について、この記事を3分読むだけでしっかりと理解できます。

助動詞を楽して簡単に覚えたい!という高校生のあなたのために!

できるだけ無駄を省いてシンプルに要点をまとめました!

ハイク先生

今回は伝聞推定の助動詞「なり」について要点をシンプルに解説していくよ!

伝聞推定の助動詞「なり」の覚えること3つ

助動詞で覚えることは大きく分けて3つです。

・意味
・活用
・接続

では、意味から解説していきます。

伝聞推定の助動詞「なり」の意味

ハイク先生

助動詞「なり」には「伝聞」と「推定」の2つの意味があるよ!

1.伝聞

「伝聞」とは人から聞いた内容を伝えることです。
訳は「~ということだ」「~ようだ」となります。

例題
また聞けば、侍従の大納言の御むすめ亡くなりたまひぬなり
(更級日記)

訳 
また(噂に)聞いたところ、侍従の大納言の姫君が亡くなりなさったということだ

2.推定

ここでの「推定」とは聴覚を根拠のにした推定のことを表します。
訳は「~らしい」「~ようだ」となります。

例題
妻戸を、やをら、かい放つ音すなり
(堤中納言日記)


開き戸を、そっと、あけ放す音がするようだ

「伝聞」と「推定」の訳し分け

人から聞いた内容の単なる伝達伝聞

聞いたことを根拠に推量する場合は推定です。

伝聞人の話・噂・故事など、
人から聞いた内容を伝える。

「伝聞」の例
人から聞いたら「侍従の大納言の御むすめの死」を読者に伝達。
推定人の会話・物音・声など、
聴覚を根拠に推量する。

「推定」の例
聞いた「音」を根拠に、「妻戸をそっと開けているらしい」と推定。
ハイク先生

伝聞は聞いた内容をそのまま伝える伝達。
推定は聞いた内容をもとに推量する

この違いを押さえておこう!

さくら

聞→
定→量って覚える!



伝聞推定の助動詞「なり」の活用

ハイク先生

「なり」の活用はラ変型だよ!

助動詞「なり」の活用

基本形なり
未然形
連用形(なり)
終止形なり
連体形なる
已然形なれ
命令形

👆活用を覚えることに特化した文法書です。
短期間で古典文法をマスターしたい人に超おすすめ!

伝聞推定の助動詞「なり」の接続

伝聞推定の助動詞「なり」の接続は
活用語の終止形
・ラ変型の活用語の連体形
の2種類です。

例題
妻戸を、やをら、かい放つ音なり
(堤中納言日記)


開き戸を、そっと、あけ放す音がするようだ

「す」はサ変動詞「す」の終止形です。

助動詞の接続が不安な人は👇の記事で確認しよう。
全ての助動詞が接続別で一覧になっています!

古典文法・助動詞解説記事一覧はこちらから。
古典文法・助動詞 はじめからわかりやすく解説シリーズ

古典文法おすすめ参考書

古典が苦手な人におすすめの参考書を紹介します。

古典読めない原因のほとんどは古典文法が理解できていないことにあります。

古典文法を理解すれば、古典は得点源にできます!

現在私立高校の国語教師として、特進クラスの授業を担当している僕が、実際に生徒におすすめしている参考書・問題集をご紹介します。

マドンナ古文

👆マドンナ古文は古典文法と読解の2つに同時対応した参考書です。

文法をインプットしながら問題でアウトプットできるので、効率的に勉強したい人におすすめです!

古文解釈はじめの一歩

👆こちらも文法と読解の同時進行ができる参考書です。

基礎的な文法知識がしっかりと頭の中に入っているかを確認するためにおすすめの参考書です。

合わせて読みたい記事

僕のブログ「新堂ハイクの旅する教室」では、国語と受験に関する記事を日々更新しています。

その中から合わせて読むと効果的な記事を紹介します。

👆「用言」や「活用」が分からなければ、3分程度で読めるこの記事で理解すると古典が楽になりますよ!

👆古典文法は識別ができて初めてスタートラインです。
今回解説した助動詞「なり」を中心とした識別の解説です。

力試しにぜひ読んで見てください!

👆もし大学受験独学で考えているのであれば読んで欲しい記事です。

独学で受験を成功させた僕の経験から、失敗しないための大切なポイントを紹介しています。

ハイク先生

以上で本記事は終了です!

さくら

最後までご覧いただきありがとうございました!