助動詞

【読むだけ3分・古典文法】使役・尊敬の助動詞「す・さす・しむ」をはじめから分かりやすく解説!

こんにちは!新堂ハイクです!

古典文法の使役・尊敬の助動詞「すさす・しむ」について、この記事を3分読むだけでしっかりと理解できます!

古典を読むためには助動詞を覚えることが必須です。

なのでできるだけ無駄を省きシンプルに要点をまとめました!

ハイク先生

今回は使役・尊敬の助動詞
「す・さす・しむ」について要点をシンプルに解説していくよ!

「使役・尊敬」の助動詞「す・さす・しむ」
の覚えること3つ

助動詞で覚えることは大きく分けて3つです。

・意味
・活用
・接続

では、意味から解説していきます。

助動詞「す・さす・しむ」の意味

ハイク先生

助動詞「す・さす・しむ」には
使役」「尊敬」の2つの意味があるよ!

1.使役

「使役」とは人を使って動作をさせることです。
訳は「~せる」「~させる」と書きます。

例題
言ひつること、いま一かへり、我に言ひて聞かせよ
(更級日記)


言ったことを、もう一度、私に言って聞かせなさい

2.尊敬

「尊敬は」目上の人への敬意を
表すとき
に用いられます。
訳は「~なさる」「お~になる」と書きます。

さくら

助動詞「らる」の意味と同じだね!

例題
公も行幸せしめたまふ。
(大鏡)


天皇もお出ましなさる



助動詞「す・さす・しむ」の活用

ハイク先生

「活用」とは
6種類の「変化」のこと。
何回も声に出してリズムで覚えよう!

助動詞「す」の活用

基本形
未然形
連用形
終止形
連体形する
已然形すれ
命令形せよ

助動詞「さす」の活用

基本形させ
未然形させ
連用形させ
終止形さする
連体形さする
已然形さすれ
命令形させよ
さくら

こ、このパターンは
「り・たり」「る・らる」と
同じやつですね!

未然形 さ
連用形 さ
終止形 さする
連体形 さする
已然形 さすれ
命令形 させよ

ハイク先生

そうだね!
「す」の頭に「さ」がついたのが
「さす」だよ!

助動詞「しむ」の活用

基本形しむ
未然形しめ
連用形しめ
終止形しむ
連体形しむる
已然形しむれ
命令形しめよ

👆活用を覚えることに特化した文法書です。
短期間で古典文法をマスターしたい人に超おすすめ!

助動詞「す・さす・しむ」の接続

ハイク先生

最後に「す・さす・しむ」の接続を解説するよ!

「す・さす」の接続

」の接続は
四段・ナ変・ラ変の未然形です。

さす」の接続は
四段・ナ変・ラ変以外の未然形です。

例 重ねて問はたまはば、 (徒然草)

訳 重ねて問いになるならば、

「問は」は「問ふ」という
四段活用動詞の未然形です。

例 女房に御格子をあげさせて、 (源氏物語)

訳 女房に格子をあげさせ

「あげ」は「あぐ」という
下二段活用動詞の未然形です。

「しむ」の接続

しむ」の接続は未然形です。

例 公も行幸せしめたまふ。

訳 天皇も出ましなさる

「行幸せ」は「行幸す」という
下二段活用動詞の未然形です。

ハイク先生

「す」「さす」は和文体に、
「しむ」は漢文訓読体
多く見られます。

助動詞の接続が不安な人は👇の記事で確認しよう。
全ての助動詞が接続別で一覧になっています!



+α 使役と尊敬の訳し分け

ハイク先生

「す・さす・しむ」が「使役」の意味か「尊敬」の意味になるかは下に尊敬語があるかどうかで変わるんだ!

下に尊敬語がない場合

使役・尊敬の助動詞「す・さす・しむ」の尊敬の用法は必ず下に「たまふ」「おはします」等の尊敬語を伴います。

さくら

ってことは下に尊敬語がつかない時は
すべて使役になるってことだね!

ハイク先生

そう!
下に尊敬語がついている場合は「使役・尊敬」の二つの意味があるので、判別しないといけなくなるよ!

下に尊敬語がある場合

「す・さす・しむ」の下に尊敬語がある場合尊敬か使役かを判断することになります。

特に「せたまふ」の形が頻出です。

1.使役
 「す・さす・しむ」を省くと
  文意が変になる場合使役です。

例 御琴を人々に弾か(せ)。

訳 御琴を人々に弾く。←?

2.尊敬
 「す・さす・しむ」を省いても
 文意が変わらない場合尊敬です。

例 重ねて問は(せ)たまはば、

訳 重ねて問なさるなら、

さくら

尊敬+尊敬語ってどう訳すのかな?
「なさいなさる」?
「お~なさいなさる」??

ハイク先生

尊敬+尊敬語の場合は
尊敬語の訳だけで大丈夫だよ!

古典文法・助動詞解説記事一覧はこちらから。
古典文法・助動詞 はじめからわかりやすく解説シリーズ

古典文法おすすめ参考書

古典が苦手な人におすすめの参考書を紹介します。

古典読めない原因のほとんどは古典文法が理解できていないことにあります。

古典文法を理解すれば、古典は得点源にできます!

現在私立高校の国語教師として、特進クラスの授業を担当している僕が、実際に生徒におすすめしている参考書・問題集をご紹介します。

望月光 古典文法講義の実況中継

👆二部構成で圧倒的な情報量が魅力の講義系参考書です。

入試問題に対する文法の応用法が学べる、初心者~難関大までおすすめで参考書です!

詳しいレビューもありますので気になった方はぜひご覧ください👇

基礎からのジャンプアップノート 古文読解・演習ドリル 

👆大判の書き込み式ワークブックでサクサク進めることができます。

古文を読む力・解く力が短期間で身に付きます!

合わせて読みたい記事

僕のブログ「新堂ハイクの旅する教室」では、国語と受験に関する記事を日々更新しています。

その中から合わせて読むと効果的な記事を紹介します。

👆「用言」や「活用」が分からなければ、3分程度で読めるこの記事で理解すると古典が楽になりますよ!

👆もし大学受験独学で考えているのであれば読んで欲しい記事です。

独学で受験を成功させた僕の経験から、失敗しないための大切なポイントとスケジュールを紹介しています。

ハイク先生

以上で本記事は終了です!

さくら

最後までご覧いただきありがとうございました!