助動詞

【読むだけ3分】古典文法・比況の助動詞「ごとし」をはじめから分かりやすく解説!

どうも新堂ハイクです!
古典文法の比況の助動詞ごとし」について、この記事を3分読むだけでしっかりと理解できます。

古文を読むためには助動詞を覚えなければいけません。

そこで、無理せず楽して覚えたい!というあなたのために!

できるだけ無駄を省いてシンプルに要点をまとめています!

ハイク先生

今回は比況の助動詞「ごとし」について要点をシンプルに解説していくよ!

比況の助動詞「ごとし」の覚えること3つ

助動詞で覚えることは大きく分けて3つです。

・意味
・活用
・接続

では、意味から解説していきます。

比況の助動詞「ごとし」の意味

ハイク先生

助動詞「ごとし」には「比況」「例示」の意味があるよ!

1.比況

「比況」とは状況・事物を比較して類似性や同一性を示すことです。
訳は「~のようだ」「~のとおりだ」「~と同じだ」となります。

例題
つひに本意のごとくあひにけり。
(伊勢物語)


とうとう本来の願いのとおりに結婚した。

2.例示

「例示」とは一例を示すことです。
訳は「~のような」「~など」となります。

例題
(三つの箱の中に)和歌・管弦・往生要集ごとき抄物を入れたり。
(方丈記)


(三つの箱の中に)和歌・管弦・往生要集のような書物の抜き書きを入れている。



比況の助動詞「ごとし」の活用

ハイク先生

比況の助動詞「ごとし」の活用は形容詞型だよ!

基本形ごとし
未然形(ごとく)
連用形ごとく
終止形ごとし
連体形ごとき
已然形
命令形

👆活用を覚えることに特化した文法書です。
短期間で古典文法をマスターしたい人に超おすすめ!

比況の助動詞「ごとし」の接続

比況の助動詞「ごとし」の接続は
・体言
・連体形
・助詞「が」「の」

の3種類です。

例題
おごれる人も久しからず、ただ春の夜ごとし
(平家物語)


おごり高ぶっている人も長くは続かない。ただ、(はかない)春の夢ようだ

例題
(三つの箱の中に)和歌・管弦・往生要集ごとき抄物を入れたり。
(方丈記)


(三つの箱の中に)和歌・管弦・往生要集のような書物の抜き書きを入れている。

助動詞の接続が不安な人は👇の記事で確認しよう。
全ての助動詞が接続別で一覧になっています!

古典文法・助動詞解説記事一覧はこちらから。
古典文法・助動詞 はじめからわかりやすく解説シリーズ

古典文法おすすめ参考書

古典が苦手な人におすすめの参考書を紹介します。

古典読めない原因のほとんどは古典文法が理解できていないことにあります。

古典文法を理解すれば、古典は得点源にできます!

現在私立高校の国語教師として、特進クラスの授業を担当している僕が、実際に生徒におすすめしている参考書・問題集をご紹介します。

富井の古典文法をはじめからていねいに

👆古典が苦手な人や、まだ古典文法を習っていない中学3年・高校1年生でも、基礎の基礎から分かりやすく解説してくれます。

古典文法がわけわからなくて泣きそうです」という人は一度解いてみてください。

やさしくわかりやすい古典文法

👆は古典文法に関する知識を演習できる問題集です。

基礎レベルからMARCHレベルまで実力を引き上げてくれるので、古典を得点源にしたい人にもおすすめです。

合わせて読みたい記事

僕のブログ「新堂ハイクの旅する教室」では、国語と受験に関する記事を日々更新しています。

その中から合わせて読むと効果的な記事を紹介します。

👆「用言」や「活用」が分からなければ、3分程度で読めるこの記事で理解すると古典が楽になりますよ!

👆もし大学受験独学で考えているのであれば読んで欲しい記事です。

独学で受験を成功させた僕の経験から、失敗しないための大切なポイントとスケジュールを紹介しています。

ハイク先生

以上で本記事は終了です!

さくら

最後までご覧いただきありがとうございました!