助動詞

【読むだけ3分】古文・助動詞!願望の助動詞「たし」「まほし」解説!

新堂ハイクの旅する教室へようこそ!

古典文法の願望の助動詞たしまほし」について、この記事を3分読むだけでしっかりと理解できます。

古典を読むために、助動詞を覚えることが最重要です!

そこで、時間がないから早く覚えたい!というあなたのために!

無駄を省きシンプルに要点をまとめました!

ハイク先生

今回は願望の助動詞「たし」「まほし」について要点をシンプルに解説していくよ!

願望の助動詞「たし」「まほし」の覚えること3つ

助動詞で覚えることは大きく分けて3つです。

・意味
・活用
・接続

では、意味から解説していきます。

助動詞「まほし」「たし」の意味

ハイク先生

助動詞「まほし」「たし」には「願望」の意味があるよ!

願望

「願望」とは動作や状態の実現を願い望むことを表します。
訳は「~たい」「~てほしい」となります。

例題
ただ思ふ事とては、出家ぞしたき
(平家物語)


ただ思うこととしては、出家がしたい

例題
紫野ゆかりを見て、つづきの見まほしくおぼゆれど、
(更級日記)


「源氏物語」の若紫の巻を見て、続きが見たく思われるが、



助動詞「たし」「まほし」の活用

ハイク先生

「たし」「まほし」の活用は形容詞型だよ!

「たし」の活用

たしカリ活用
未然形(たく)たから
連用形たくたかり
終止形たし
連体形たきたかる
已然形たけれ
命令形

「まほし」の活用

まほしカリ活用
未然形(まほしく)まほしから
連用形まほしくまほしかり
終止形まほし
連体形まほしきまほしかる
已然形まほしけれ
命令形

カリ活用は、断定の助動詞「なり」を除く助動詞が直後に続く形です。

👆活用を覚えることに特化した文法書です。
短期間で古典文法をマスターしたい人に超おすすめ!



助動詞「たし」「まほし」の接続

助動詞「たし」の接続

助動詞「たし」の接続は
活用語の連用形です。

例題
家にありたき木は、松・桜。
(徒然草)


家にあってほしい木は、松と桜。

「あり」はラ変動詞「あり」の連用形です。

助動詞「まほし」の接続

助動詞「まほし」の接続は
活用語の未然形です。

例題
世をば行はまほしきなり。
(徒然草)


政治を行ってほしいものである。

「行は」は「行ふ」という動詞の未然形です。

助動詞の接続が不安な人は👇の記事で確認しよう。
全ての助動詞が接続別で一覧になっています!

古典文法・助動詞解説記事一覧はこちらから。
古典文法・助動詞 はじめからわかりやすく解説シリーズ

古典文法おすすめ参考書

古典が苦手な人におすすめの参考書を紹介します。

古典読めない原因のほとんどは古典文法が理解できていないことにあります。

古典文法を理解すれば、古典は得点源にできます!

現在私立高校の国語教師として、特進クラスの授業を担当している僕が、実際に生徒におすすめしている参考書・問題集をご紹介します。

富井の古文読解をはじめからていねいに

👆古文を読むための基本的な読解技術を学べる参考書です。

物語調なので読みやすく、シンプルな参考書が苦手な人におすすめです!

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル

短期間で古典文法をマスターしたい人におすすめです!

文法の項目が30も細かいテーマに分かれているので、初心者にもやさしい問題集です。

ステップアップノート30古典文法トレーニング

「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル」で古典文法の基礎を完成させたら、続きのシリーズの「ステップアップノート30古典文法トレーニング」を解いて、文法知識をさらに深めましょう!

こちらも細かいテーマに分かれた解説で、書き込み式でどんどん進めるワークブックです。

合わせて読みたい記事

僕のブログ「新堂ハイクの旅する教室」では、国語と受験に関する記事を日々更新しています。

その中から合わせて読むと効果的な記事を紹介します。

👆「用言」や「活用」が分からなければ、3分程度で読めるこの記事で理解すると古典が楽になりますよ!

👆もし大学受験独学で考えているのであれば読んで欲しい記事です。

独学で受験を成功させた僕の経験から、失敗しないための大切なポイントとスケジュールを紹介しています。

ハイク先生

以上で本記事は終了です!

さくら

最後までご覧いただきありがとうございました!