形容詞

【古典文法】形容詞をはじめからわかりやすく解説!

新堂ハイクの旅する教室へようこそ!

古典文法の「形容詞」について、この記事を3分読むだけでしっかりと理解できます。
「形容詞」は古文を読み解く上で、重要な要素になってきます。

この記事は

・「形容詞の活用
  曖昧なまま覚えている・・・」

・「もう全然古典が苦手で、
  基礎からやり直したい!

・「古典はある程度できるけど、
  今一度復習したい!

という方に向けて基本からわかりやすく解説する記事です。

この記事を読み終わるころには

さくら

形容詞のことが手に取るようにわかる!

となりますので、ぜひ最後までご覧ください!
では、ハイク先生お願いします!

ハイク先生

はい!
今回は、形容詞の活用について基礎からわかりやすく解説するよ!

形容詞の活用

用言のうち、「~し」「~じ」で終わるものを形容詞と言います。

例 

「白し」「いみじ」「美し」「悲し」「深し」「難し」

形容詞の活用表

すべての形容詞は、大きく分けてク活用シク活用に分類されます。

シク活用とク活用には本来の活用(本活用)と下に助動詞がつく形カリ活用があります。これもあわせて覚えましょう。

ク活用

活用の種類本活用カリ活用
未然形()から
連用形かり
終止形(かり)
連体形かる
已然形けれ(かれ)
命令形かれ

※()は稀な用法、〇は存在しないことを表しています。

シク活用

活用の種類本活用カリ活用
未然形(しく)しから
連用形しくしかり
終止形(しかり)
連体形しきしかる
已然形しけれ(しかれ)
命令形しかれ

※()は稀な用法、〇は存在しないことを表しています。

さくら

形容詞はク活用とシク活用の2つしかないんですね!
あれ!? 動詞みたいに〇行とかもいらないんですか?

ハイク先生

形容詞の本活用はカ行とサ行が混合しているから、〇行□段という分類はしないよ!



ク活用とシク活用の区別

ク活用とシク活用の見分け方は、形容詞の基本形に「~なる」をつけて判断します。

「~なる」となればク活用

「~しくなる」となればシク活用です。

さくら

動詞は「~ず」をつけて判断したけど、形容詞は「~なる」をつけるんですね!

「白し」+「~なる」=「白なる」→活用

「良し」+「~なる」=「良なる」→活用

「悲し」+「~なる」=「悲しくなる」→シク活用

「美し」+「~なる」=「美しくなる」→シク活用

例語 「白し」の活用表

基本形白し
語幹
未然形()から
連用形かり
終止形
連体形かる
已然形けれ
命令形かれ
活用ク活用

例語 「悲し」の活用表

基本形悲し
語幹
未然形(しく)しから
連用形しくしかり
終止形
連体形しきしかる
已然形しけれ
命令形しかれ
活用シク活用

例語 「いみじ」の活用表

基本形いみじ
語幹いみ
未然形(じく)じから
連用形じくじかり
終止形
連体形じきじかる
已然形じけれ
命令形じかれ
活用シク活用
ハイク先生

じく/じく/じ・・・と活用してもジク活用にはならないから注意してね!

さくら

ハイク先生~、質問なんですけど!
カリ活用」?って言うのはどういうときに使うんですか?

ハイク先生

「カリ活用」は助動詞が下に付くときに使うよ!

暗記が苦手という人に現実的で使える暗記法5選の記事もありますので、ぜひご覧ください👇



カリ活用+助動詞

形容詞にはなぜ本活用とカリ活用の2列があるのかを解説します。

カリ活用は、おもに下に助動詞がつくときに使われます。
逆に言うと、助動詞以外の語が下に付くときは、本活用になります。

本活用 例

 (本活用+名詞)

降る (本活用+動詞)

うつくし (本活用+形容詞)

清らなり (本活用+形容動詞)

カリ活用 例

から (カリ活用+助動詞)

かりけり (カリ活用+助動詞)

かるべし (カリ活用+助動詞)

助動詞はその名の通り「動詞を助ける詞(ことば)」です。
だから、形容詞の本来の活用(本活用)を嫌います。

そこで、ラ変動詞「あり」が間に入って仲を取り持つのです。

白く+あり+けり=白かりけり

ハイク先生

このように使われるのでカリ活用は「補助活用」とも言うよ!

ただし、断定の助動詞「なり」だけは例外だから注意しよう!

本活用+断定の助動詞「なり」

断定の助動詞「なり」は、古くは「に+あり」の形だったものがつづまってできたものです。
なので自分の中にラ変動詞「あり」を持っているので本活用と直接つながります

なり (本活用+断定の助動詞)

かるなり (本活用+伝聞推定の助動詞)

まとめ

①形容詞の活用
 ・ク活用
 ・シク活用

②形容詞の活用の判別
 「~なる」となればク活用
 「~しくなる」となればシク活用

古典文法解説記事一覧はこちらから。
古典文法 はじめからわかりやすく解説シリーズ

古典文法おすすめ参考書

古典が苦手な人書き込み式のおすすめの参考書を紹介します。

古典読めない原因のほとんどは古典文法が理解できていないことにあります。

古典文法を理解すれば、古典は得点源にできます!

現在私立高校の国語教師として、特進クラスの授業を担当している僕が、実際に生徒におすすめしている参考書・問題集をご紹介します。

基礎からのジャンプアップノート・古典文法

👆大判の書き込み式ワークブックで、文法書で覚えたことを演習するのに最適です。

詳しいレビューもありますので、気になる方はぜひご覧ください👇

基礎からのジャンプアップノート 古文読解

👆大判の書き込み式ワークブックでサクサク進めることができます。

古文を読む力・解く力が短期間で身に付きます!

「基礎からのジャンプアップノート・古典文法」と合わせて使うと効果的!

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル

短期間で古典文法をマスターしたい人におすすめです!

文法の項目が30も細かいテーマに分かれているので、初心者にもやさしい問題集です。

ステップアップノート30古典文法トレーニング

「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル」で古典文法の基礎を完成させたら、続きのシリーズの「ステップアップノート30古典文法トレーニング」を解いて、文法知識をさらに深めましょう!

こちらも細かいテーマに分かれた解説で、書き込み式でどんどん進めるワークブックです。

合わせて読みたい記事

僕のブログ「新堂ハイクの旅する教室」では、国語と受験に関する記事を日々更新しています。

その中から合わせて読むと効果的な記事を紹介します。

👆「形容動詞」が分からなければ、3分程度で読めるこの記事で理解すると古典が楽になりますよ!

👆「勉強が続かない!」「自宅で集中して勉強できない!」というお悩みを解決する記事です。

1日17時間自宅で勉強した僕の経験にもとづいた、現実的な方法を紹介していります。

👆「スマホが気になって勉強に集中できない!」というお悩みを解決する記事です。

僕は現在社会人ですが、この方法で働きながら勉強を両立できています!

ハイク先生

以上で本記事は終了です!

さくら

最後までご覧いただきありがとうございました!