助詞

【古典文法】助詞・格助詞の「にて」「して」をはじめからわかりやすく解説!

新堂ハイクの旅する教室へようこそ!

この記事は

・「助動詞はしっかり覚えたけど、
  助詞は正直さぼってるなぁ・・・

・「もう全然古典が苦手で、
  基礎からやり直したい!

・「古典はある程度できるけど、
  今一度復習したい!

という方に向けて基本からわかりやすく解説する記事です。

この記事を読み終わるころには

さくら

女子校ならぬ助詞校に行きたい。

となるくらい助詞が分かってしまうかもしれませんので、ぜひ最後までご覧ください!
では、ハイク先生お願いします!

ハイク先生

はい!
今回は古典文法の中でも後回しにされがちなジャンルである「助詞」の格助詞のにて」「して」について基礎からわかりやすく解説するよ!

その前に簡単な助詞のおさらいをします。

助詞とは

活用しない付属語です。
全部で50数個あります。

活用しないので活用形などを覚える必要はなく、文法上軽視されがちですが、助詞をマスターしてこそ、古典が読めるようになるスタートラインに立てるのです。

その50数個は用いられる位置や動きによって6つに分類されます。

格助詞
接続助詞
係助詞
副助詞
終助詞
間投助詞

今回は「格助詞」の「にて」「して」についての解説です。

格助詞「にて」「して」

ハイク先生

格助詞「にて」の意味は4つ
「して」の意味は3つあるよ!

どちらも現代語にはない使われ方をするからよく覚えておこう!

格助詞「にて」の意味と訳

1.場所・時(年齢)~で
2.手段・材料~で
3.原因・理由~で・~によって
4.資格~として

1.場所・時(年齢)

例 場所
千住といふところにて舟を上がれば、
(奥の細道)


千住というところ舟から上がると、

例 年齢
忠盛、三十六にて初めて昇殿す。
(平家物語)


平忠盛は、三十六歳初めて昇殿した。

2.手段・材料

例 手段
深き川を舟にて渡る。
(更級日記)


深い川を舟渡る。

例 材料
女のはける足駄にて作れる笛には秋の鹿必ず寄る。
(徒然草)


女のはいた足駄作った笛の音には、秋の鹿は必ず寄ってくる。

3.原因・理由


われ朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて知りぬ。
(竹取物語)


私が毎朝毎夕見ている竹の中にいらっしゃること分かった。

4.資格


昔、男、伊勢の斎宮に、内裏の御使ひにて参れりければ、
(伊勢物語)


昔、(ある)男が、伊勢の斎宮(の所)に、天皇の使者として参ったところ、



「にて」の接続

ハイク先生

格助詞「にて」は体言連体形につくよ!

「にて」の補足説明

ハイク先生

古語の「にて」がつづまって現代語の「で」ができたので「にて」の4つの意味はどれも「~で」と訳すことができるんだ!

「にて」は”つけたし説明”

格助詞「にて」は、主たる分の要素(主語・目的語・補語・述語)から外れた、つけたし説明として使われます。

「~にて」以外の主文を先に訳し、「~にて」を最後につけたして訳してみます。

意味が分かれば格助詞「にて」というわけです。


忠盛、三十六にて初めて昇殿す。

忠盛は、初めて昇殿した。 ”三十六歳で”

深き川を舟にて渡る。

深い川を渡った。 “舟で”

さくら

格助詞「にて」はつけたし説明で、「~で」と訳せばいいんですね!



格助詞「して」の意味と訳

1.手段・方法~を使って・~で
2.使役の対象~を使って・~に
3.動作の共有者~と一緒に

1.手段・方法


そこなりける岩に指の血して書きつける。
(伊勢物語)


そこにある岩に指の血を使って書きつけた。

2.使役の対象


御使ひして申させ給ふ。
(源氏物語)


御使い(の者)を使って申させなさる。

3.動作の共同者


もとより友とする人ひとりふたりして行きけり。
(伊勢物語)


以前から友人と(して親しく)する人、ひとりふたりと一緒に行った。

「して」の接続

ハイク先生

格助詞「して」は体言連体形につくよ!

「して」の訳し分け

「して」の3用法の訳し分けは次の基準で行います。

1.「物」+して=「物」を使って

2.「人」+して=「人」を使って

3.「複数・団体」+して=「みな」一緒に

さくら

単体」の場合は「使って」、「複数」の場合は「一緒に」って言う風に覚えればいいね!

古典文法おすすめ参考書

古典が苦手な人にやさしいおすすめの参考書を紹介します。

古典読めない原因のほとんどは古典文法が理解できていないことにあります。

古典文法を理解すれば、古典は得点源にできます!

現在私立高校の国語教師として、特進クラスの授業を担当している僕が、実際に生徒におすすめしている参考書・問題集をご紹介します。

やさしくわかりやすい古典文法

👆は古典文法に関する知識を演習できる問題集です。

基礎レベルからMARCHレベルまで実力を引き上げてくれるので、古典を得点源にしたい人にもおすすめです。

合わせて読みたい記事

僕のブログ「新堂ハイクの旅する教室」では、国語と受験に関する記事を日々更新しています。

その中から合わせて読むと効果的な記事を紹介します。

👆「用言」や「活用」が分からなければ、3分程度で読めるこの記事で理解すると古典が楽になりますよ!

👆暗記が苦手な人に、今日から使える現実的な暗記法を5つ紹介しています。

活用や接続を覚えるのに役立ててください。

👆僕が実際に活用していた苦手科目の克服法です。

苦手科目があるかたはぜひご覧ください!

👆休憩の取り方ひとつで勉強の効率が変わるって知ってましたか!?

勉強における休憩は、集中力を維持して長時間勉強するために不可欠なので、勉強が続かない人はぜひ試してみてください!

ハイク先生

以上で本記事は終了です!

さくら

最後までご覧いただきありがとうございました!