助詞

【古典文法】助詞・格助詞の「を」をはじめからわかりやすく解説!

新堂ハイクの旅する教室へようこそ!

この記事は

・「助動詞はしっかり覚えたけど、
  助詞は正直さぼってるなぁ・・・

・「もう全然古典が苦手で、
  基礎からやり直したい!

・「古典はある程度できるけど、
  今一度復習したい!

という方に向けて基本からわかりやすく解説する記事です。

この記事を読み終わるころには

さくら

助詞のことならまかせて!

となるので、ぜひ最後までご覧ください!
では、ハイク先生お願いします!

ハイク先生

はい!
今回は古典文法の中でも後回しにされがちなジャンルである「助詞」の格助詞の」について基礎からわかりやすく解説するよ!

その前に簡単な助詞のおさらいをします。

助詞とは

活用しない付属語です。
全部で50数個あります。

活用しないので活用形などを覚える必要はなく、文法上軽視されがちですが、助詞をマスターしてこそ、古典が読めるようになるスタートラインに立てるのです。

その50数個は用いられる位置や動きによって6つに分類されます。

格助詞
接続助詞
係助詞
副助詞
終助詞
間投助詞

今回は「格助詞」の「を」についての解説です。

格助詞 「を」

格助詞とは上の語に資格を与え、下の語へ関係づける助詞のことです。

ハイク先生

格助詞の「を」の用法は3つです!

ただ、どれもそのまま「を」と訳すことができるよ!

格助詞 「を」の意味と訳

1 動作の対象~を
2 動作の起点~を・~から
3 経過する場所~を・~を通って
さくら

3つとも現代語の使い方と同じなんですね!

1.動作の対象

「動作の対象」とはそのまま、「動作」する「対象」を指します。


極楽寺、高良など拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。
(徒然草)


極楽寺、高良(神社)など拝んで、これだけだと思って帰ってしまった。

さくら

「ケーキ食べる」の「」と一緒だね!

2.動作の起点

「動作の起点」とはそのまま、「動作」を始める「起点」を指します。


さびしさに宿立ち出でてながむればいづこも同じ秋の夕暮れ
(後拾遺集)


さびしさに(耐えかねて)、我が家出て(あたりを)眺めてみると、どこも同じ(ようにさびしい)秋の夕暮れであるよ。

さくら

「学校出る」の「」と一緒だね!

3.経過する場所

「経過する場所」とはそのまま、通る場所を表します。


木曾は、長坂経て丹波路へおもむくとも聞こえけり。
(平家物語)


木曾(義仲)は長坂経て丹波路へおもむいたとも噂された。

さくら

「大通り通って~」の「」だね!



格助詞 「を」の接続

ハイク先生

格助詞「を」は体言活用語の連体形につくよ!

格助詞 「を」の特殊な用法

「を」をはさんで同類の意味を持つ語が前後にある場合は、ひとまとめに訳します。

「寝寝」=「寝る」

「音泣く」=「声をあげて泣く」

さくら

「を」の使い方は古語も現代語も同じなんですね。

ハイク先生

そうだね!
ただ、「同じ使い方をする」というのを知っておくことも大事だよ!

さくら

そうですね!
古語も日本語だから同じ使い方をしてもおかしくないですもんね!

古典文法おすすめ参考書

古典が苦手な人にやさしいおすすめの参考書を紹介します。

古典読めない原因のほとんどは古典文法が理解できていないことにあります。

古典文法を理解すれば、古典は得点源にできます!

現在私立高校の国語教師として、特進クラスの授業を担当している僕が、実際に生徒におすすめしている参考書・問題集をご紹介します。

やさしくわかりやすい古典文法

👆は古典文法に関する知識を演習できる問題集です。

基礎レベルからMARCHレベルまで実力を引き上げてくれるので、古典を得点源にしたい人にもおすすめです。

合わせて読みたい記事

僕のブログ「新堂ハイクの旅する教室」では、国語と受験に関する記事を日々更新しています。

その中から合わせて読むと効果的な記事を紹介します。

👆「用言」や「活用」が分からなければ、3分程度で読めるこの記事で理解すると古典が楽になりますよ!

👆暗記が苦手な人に、今日から使える現実的な暗記法を5つ紹介しています。

活用や接続を覚えるのに役立ててください。

👆僕が実際に活用していた苦手科目の克服法です。

苦手科目があるかたはぜひご覧ください!

👆休憩の取り方ひとつで勉強の効率が変わるって知ってましたか!?

勉強における休憩は、集中力を維持して長時間勉強するために不可欠なので、勉強が続かない人はぜひ試してみてください!

ハイク先生

以上で本記事は終了です!

さくら

最後までご覧いただきありがとうございました!